DCモーター (部品解説)

ボールをリストする為の動力はDCモーターです。作品に動きを与える重要な部品です。写真のような小型の製品を使います。回転数は10〜50rpm、電圧は3〜9V程度のものです。左の2つは現在のRBSの作品に使っているモーターで、とても小さく、デザインの自由度が高く取れるのがメリットです。写真右端の少し大きいモーターは現在評価中のものですが、今後製作予定の少し大きめの作品に使っていく予定の物です。このモーターの良いところはとても静かだと言うことです。現在使っている物は多少振動するため、筐体に組み込むとどうしても共振してノイズとなってしまっています。大きめのモーターを使えば全体的にとても静かなRBSが作れますので、よりインテリア的な使い方もできるようになります。2〜3ヶ月後にはこのモーターを使ったずっと静かな作品をリリースしたいと考えています。

下記のリンク先の動画は、モーターの耐久テストの様子です。この動きで15rpmくらいです。

DC motor – burn in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です